--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古東京川

18:41

kasumi1.gif約12万年前
  ↓ ↓ ↓
kasumi2.gif約6万年前
  ↓ ↓ ↓
kasumi3.gif約2万年前
  ↓ ↓ ↓
kasumi4.gif約6000年前
  ↓ ↓ ↓
kasumi5.gif現在

昨日、ちょっと興味深いセミナーに参加したので、その備忘録をひとつ・・・

「古東京川」「古東京湾」っていう地名をお存知ですか?
太古の地球では、氷河期と温暖な気候を繰り返しながら、
海の高さも100m単位で変わっていたようです。

それに、私たちは地震で少しだけ体感することが出来ますが、地表そのものも、隆起や沈降をしています。

たとえば、東京湾は、
12万年前は関東全域が海で、どこが東京湾という地形ではありませんでした。
温暖でかつ、地盤は低かったのですね。海の底です(^^:;
6万年前から2万年前頃にかけて、今度は、氷河期になり、
海面は今より100mも低く、東京湾は完全な陸地で、その中央を深い谷になって、多摩川と利根川を合流しながら、古東京川が、(今の三浦半島あたりで)太平洋に注いでいたそうです。

大きな川だったのでしょうね(^^:;

それから6000年前にかけて今度は温暖化し、海面は上昇、一部の沈降とともに、
東京湾が今よりも大きく広がりました。
埼玉の利根川沿い、霞ヶ浦等は内陸に入り組んだ、広大な東京湾です。

このころから・・・たぶん(^^:;
人類が生活を始め、この入り組んだ静かな入り江に沿って、住みました。
それを示すように、貝塚が点在しているようです。

さて、現在はその後、陸地が隆起し、遠浅の海が陸地化していきました。
地盤が弱いはずですね(汗)

この歴史一つを取り上げても、たくさんの事柄が分かり、想像し、
また、建築を生業としているボクは、たくさんの事を考えさせられます。

ーーーーー
あーでも、大好きな保田が、すくなくとも6万年もの間、陸地だったのが嬉しい!!(笑)
だけど、目の前が古東京川の谷って、やだなぁ(笑)

ロフト

23:00

前回のロフト根太の上に、床下地合板を施工した。
IMG_7027_20180327101746a95.jpg
センター目から真物を貼り込み、
IMG_7028.jpg
両端の2枚は巾を計り、ロフト上でカットして貼り込む。
ロフト上の作業は非常に気持ちがイイ!
IMG_7029.jpg
ロフトに立ち、正面を眺める。(屋根が完成すると立てないからね・・・)
気持ちの良い初夏の香りがする。
IMG_7037.jpg
屋根タル木もある程度掛けて、今日はここまで・・・
材料を整理、
せっかく、いつもの板金屋さんが分けてくれたガルバの屋根材が、「早く貼ってくれ〜」と言っている。
IMG_7039.jpg
IMG_7040.jpg
IMG_7041.jpg
今日までのロフトがこちら!
高いところで1m程度で、子供(孫)達が寝るか物置、瞑想部屋としかならないが、こういう場所はどうしても欲しい。
IMG_7042_20180327101759f02.jpg
さ〜て、きょうも後ろ髪を引かれながら、帰路へ・・・
明鐘岬からの夕日がキレイ!
自然な雲の流れもとても素敵
IMG_7043.jpg

園芸って楽しい^^

14:51

まずは、4月17日に植えたトマト

ウチの畑はヨコ90cmタテ24cm程の小さな、まさに”猫の額”(ゴメンねネコちゃん)
その面積で「1/15(坪)畑」と呼んでいます。
毎年何かしらを植えていますが、今年は定番のトマト苗!
色々あって迷うんですが、「麗夏」って品種を選びました。

「生育旺盛で病気に強い、着果性のよい大玉トマト」
見事に、このキャッチコピーにハマりまいした(笑)

さぁて定点観測写真が以下

↓ 4月21日 ↓
写真 2016-04-21 8 58 51
↓ 4月23日 ↓
写真 2016-04-23 12 54 32
↓ 4月26日 ↓
写真 2016-04-26 12 57 09
↓ 4月29日 ↓
写真 2016-04-29 11 13 01
↓ 5月6日 ↓
写真 2016-05-06 11 19 26
↓ さてさて ↓

一度、5月の初め、私が居ない間に、
ちょうどこのすぐ裏に、水道メーターがあるもんだから
苗がものすごく邪魔で
検針員さんが、苗を(丁寧に)避けてくれたようで、、、
ちょっと、枝葉が倒れてたんですが、、、またまた、復活!!

毎日見ても飽きないですねー
仕事の合間にも、気分転換に最高!

写真 2016-04-26 12 57 15

小さな花から、小さな小さな実を抱え
少しずつ大きく、そして赤くなっていく様は、、、見る度にニヤニヤとしてしまいます(食い意地かぁ?)

さて、今後にご期待
土を触るのは本当に無心になれて、楽しい!

さてさて
それから、永年事務所の一角をうるおってくれている、パキラ
写真 2016-05-05 11 42 48

もう、1年以上、頭が天井にぶち当たってしまっている状態(>_<)

やろうやろうと思いつつ、時が経ってしまい
調べてみると、今の時期がベストとの事で、
挿し木で増やしてみる事にしてみました!

手順は、、、
水鉢を用意しておいて、
枝のここぞと思うところを、鋭利で清潔なカッターで
斜めに、スパッと枝をカット!
すぐに、水に刺して水上げをしながら、、、
写真 2016-05-05 11 51 07

挿し木用の植木鉢を用意
植木鉢の中には、軽石と、挿し木用の”無肥料の土”を入れました
写真 2016-05-05 12 03 07

土は迷ったんですが、近所の園芸店に
「パキラの挿し木なんですけどー」って聞いたところ、、、
ネットでよく出てくる鹿沼土では無く、もっと目の細かな専用のものを勧められました。

ただこの品物、私がレジに持って行った、鹿沼土の大袋より、安く、、、
なんとも、商売っ気のない、おじさんに感謝!

さて、挿し木は2〜3本の予定だったんだけど、、、
ついつい、「これもイイかぁー、まあ刺してみるか」と
3つ鉢の7〜8本も刺しています(笑)
写真 2016-05-05 12 10 54

写真 2016-05-05 12 27 52

全く葉の無い枝もあり、、、沢山の”実験”となります。
ネットによると、葉の大きな挿し木は、「水分の蒸発が早すぎるので、葉を半分にカット」と
ありますが、まあ、これも適当(笑)

水をたっぷりあげて、薄日の差す室内において、、、
完了(^^)/
さて、どうなることか、、、
あー、カットされた方の元木は、なんとも殺風景になりましたが、
スッキリしたと前向きにとらえましょう(笑)
写真 2016-05-05 12 18 21

ちょっと元気ないかぁ?
元気出せーお父さん(笑)まだまだ、現役だよーー

ガレージハウス

20:23

IMGP0693.jpg
正面全景

市川市妙典にガレージハウスが完成しました
ちょっと、特殊な賃貸アパートです
3軒の長屋で、遊び心をくすぐる建物!

さて、どんな方々がどんな使い方をしてくれるのでしょう・・・とても、楽しみです^^

IMGP0734.jpg
B/C棟エントランス

IMGP0729.jpg
サイドビューA棟エントランス

IMGP0704.jpg
ガレージ

嬉しいこと

18:59



去年の今頃、お渡しした住宅のオーナーから、連絡があり
「今から行くよ」って
わざわざ、事務所にいらして、お歳暮を頂いた
私のお客さんであり、私から、お渡ししなければいけないのに・・・(^^:;

少し話をしていると、
「ありがとう、まだまだ住みこなせていないけど、いい家だよ」と・・・(笑)
「設計中は色々なわがままを言ったけど、田村さん(私)が、提案したプランの良さが、1年経って分かってきた」
って・・・(^^:;

本当にありがたいお言葉で、涙が出そうになった
もっと、もっと、頑張らないといけない!!

リュウノヒゲの植え替え

13:28

新築当初植えたリュウノヒゲが、はびこり過ぎて、痛んでしまっていたので、植え替えを実行
(写真は植え替え後です・・・)

fc2blog_20150923215014cf3.jpg

こんな10cm程の溝の部分なんですが、一度全部引き抜いて、土や砂利も出来るだけ出して

大きくなりすぎた株は適度に分割し、土も新しい物に換えて、植え替えました!
(土はね、近所の園芸店で相談したんですが、「赤玉か配合土かな」って事で、簡単便利な配合土にしてみました)

時期があまり適当ではないのですが、
強ーい、植物ですから大丈夫でしょう
またしっかりと、着いてくれる事を祈ります!

さて、株を分けたもんだから、株が2倍に増えて、
以前花の苗を頂いた時に、取っておいたビニールの「苗ポット」に分けて植えて、
いつでも使えるように、育てておきます(^^)

fc2blog_20150923215031d51.jpg

売り物の様に、キレイではないけど
この子たちも、しっかり育てて、どこかに役立つ日を想像して、大切にします!

あー、はびこった事務所のヨコの
同じリュウノヒゲの様子はこれ!

fc2blog_20150923214955dec.jpg

それから、冬に欠かせない、子ネギは順調!
fc2blog_20150923215003d89.jpg

近況は以上です(笑)

たかが電卓、されど

13:43

写真 2015-09-05 13 16 45

愛用の電卓が壊れてしまった(>_<)
保証書をひもとくと、なんと平成5年9月に購入したもので、その後・・・
「ちょっと古くて恥ずかしいなあ」と思い、数年前に、新しいモノを買ったのだが、
どうも、長年使い込んだコレと比べると、どうも、しっくりこない(^^;

平成5年というと、私が独立する前で、なんと22歳の代物である!

写真 2015-09-02 19 24 21

何度も机から落とし、鞄の中に何百回と入って、擦れてしまい・・・本当にかわいそうな姿だが
今日まで、十分で正確なその役割を果たしてくれた!

あーーー
忍びないが、部分的な消えた液晶を、予測しながら(汗)使うわけにも行かず、
今日をもって、”おさらば”とすることにした(T_T)

大げさな様であるが、なんだか、寂しい・・・
ありがとうね・・・長年!

日本の機械はすごいよ!誇れるよ・・・私もそうなりたい!

写真 2015-09-05 13 22 25

リハビリの重要性

16:31

2008年に趣味のソフトボールで打球を右手薬指に当ててしまい、
骨折をしたことがあります(>_<)
写真 2015-08-16 15 40 45

すぐに固定など、処置をしていれば、手術まで必要なかったかもしれませんが、大きな痛みでは無かったので、病院に行かずに様子を見てしまい、処置が遅れたのです。

その年の12月に手術をして、無事に終わり、お正月を挟んで約2ヶ月後から、ゆびの可動域を戻すリハビリをしました。
ただ、元々痛いのがイヤなもんだから、毎回「イテテ」って感じで、それでも20回以上は通ったんですが、
やはり、完全にはその指を伸ばしたり、曲げたりは出来ませんでした。

今の状態がこれ
写真 2015-08-16 15 41 37

まあ、普段の暮らしに全く影響はないし、ソフトボールもその後、前のように続けています。

さて、実は〜
最近(というか、去年の暮れより)少しずつ筋トレをしています。
知り合いの電気屋さんに教えてもらった、腹筋ローラーを買ってから、けっこう楽しいし、成果も少しずつだけど分かるんで・・・

そうすると、ムリの無い範囲で、メニューが増えてきて
つい最近ですが、20日ほど前に、いくつかのメニューの一つとして、
「ぶら下がり」を始めました。

居間の一部にステンレスの棒を渡して、そこにぶら下がるだけです。
写真 2015-07-26 12 17 56
写真 2015-07-26 12 18 05

これがね〜思ったより、大変で(汗)
1分ぐらい平気かなーって思ってたのが大間違いで、10〜15秒が結構キツいんです。
当初は、15秒やっとを3セットやってたんですが、一昨日から少しだけ延ばして、合計1分ぶら下がっています。

それで、思わぬ効果が現れました!

例の右手薬指のリハビリの後、どうしても、その薬指と、となりの小指に強い力が入らず、「もう、これは変わらないだろうな〜」と少々しょぼくれていたんですが、
なんと、ぶら下がり始めてたった20日ぐらいで、
気がついたんですが
しっかり、指に力が入るんです!

ぶら下がるだけで、小指や薬指の握力を復活させる良い、リハビリになっていたのです。
二三日前に、その事が分かって、少々驚いたんです。(笑)

やっぱり、自分の体を支えるだけでも、相当な握力がいるんですね。
それから、普段、いかに薬指や小指を使っていないかって事も、分かった様に思います。

(大変大げさなんですが)リハビリに励んでいる方々、
どうか、色々な方法を、しっかり前を向いてやりましょう!!

やればやるほど、必ず成果はあると思います・・・大げさかぁ(笑)

とても小さな畑でも・・・

11:43

先週今か今かと待っていたウチの畑?のラッキョウを抜いた。

写真 2015-06-14 9 22 30
写真 2015-06-14 9 37 34
おーーー、少々小ぶりだが、数はたくさんで満足満足!

ココは事務所の前、すぐ横っちょで、東に向いてて、歩道のそばで、
長さは90cm、巾は25cm
つまり、1坪の1/15程なんですが、
昨年植えた、ラッキョウのたねがこんなに増えるんですよね〜

植えた頃、鶏糞なんかの、有機肥料をあげただけで、その後は1年間
無農薬、無肥料です。
あげたのは、水とお日様と、笑顔のみ!

さあ〜て、これからが大変(^^;

写真 2015-06-14 15 34 44
まずは、外で、ざっくり芽と根をハサミでチョキチョキ落として

台所に持って上がり・・・
あーーー、洗うのが大変!
小さな株を分けて、泥を落とし、包丁で根と茎を落として、綺麗では無い皮を剥く・・・

やるとね〜結構大変なんですが、自分で作ったラッキョウですからね〜
ボチボチと時間をかけて、綺麗にしました。

写真 2015-06-14 17 05 07
こんなに・・・

1kg無いくらいですかね〜
さあて、漬けるのは、楽しい!

漬け方は、秘伝の、酒井家流で、
簡単なんですが、ほんのちょっとのコツがあります。
この日も、2年ぶりだったので、酒井さんに電話し奥さんに変わってもらって聞こうとしたんだけど

奥さん、少〜し耳が遠くなってしまっていて、旦那さんに聞いてもらいながら、コツを復習しました。
ありがとうございます!!

写真 2015-06-14 19 28 38
そのコツってのは〜

ラッキョ酢を鍋でひと煮立ちして、火を止め、
洗ったラッキョウをその中に、ドバ〜とぶち込み、
そのまま、冷ます・・・これだけです。

たぶん、理由は
①ラッキョウを殺菌する
②ラッキョウに早く浸みさせる
③一手間の愛情を注ぐ

これだけだと思います(笑)
いやぁ〜待ち切れんわ!
まだ、2年物もあるんですけどね・・・へへへ

ちょっと面白い仕事

18:49

現在設計中の家を少しだけ、紹介

外観2
外部からは、まったくうかがい知れず

外観1
外部の窓は一つも無い・・・が
一角を回り込み、頑丈な引き戸を開けると・・・

中庭
そこには、8m×4mの全くプライベートな中庭が出現します

コの字型の室内は、それぞれのゾーンが中庭と大きな窓で繋がっていて・・・
自由に出入り出来、
各ゾーンから、一度外部を挟んで、また自分の家を見ることが出来る・・・
離れの様な豊かさもある

鳥瞰
この様なプランです

10数年前、まだまだ、血気盛んな頃
”みんべつ”(みんなの別荘)を造りたくて、外房のとある広い土地をイメージして
周囲をブロックで囲んだ中庭をもつ家を書いた事があります
「周囲のブロック造の部分は、それぞれのプライバシーを持ち、真ん中の中庭は、共用のスペースで、、、
お互いが持ち寄った酒や肴で語らうことが出来る」その様なプランでした

今回、この話を初めて聞いたとき
その記憶が鮮明によみがえり、夢のある若いオーナーについつい熱く語っていました(笑)

新しく土地を求める、オーナーは色々と悩みましたが、
ボクに、この設計を任してみることに決めました

型枠コンクリートブロックの堅牢なまでの頑丈さで、大切な家族を守り
明るく空を切り取ったような中庭を、プライベート感満載で、家族だけの笑いがあふれる
屋根は、軽やかに木造の片流れで、
部屋の中は大きな斜天井が、その中庭に向かって上がっている・・・

室内は、全てをそぎ落としたような、シンプルで何も無い空間

そこに、小さな子供達を中心に、優しさに満ちあふれた家族が住まい・・・
自分たちのスタイルで気持ちよく時を経てゆく
その様な家です

ほぼ基本設計が完了しました、、、(汗)
オーナー家族と細部に渡って、あらゆる事を話し合いながら、
今から、さらにさらに具体化し、実現化していきます・・・ご期待下さい



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。