FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手火鉢"塗装缶ミニストーブ"

10:32

先日の酷寒の氷上ワカサギ釣りの救世主
ミニ火鉢

多分、地元の工場の手作りだと思うが、中々よく出来ていて、転ばない様、氷が溶けない様、長持ちする様、、、などなど、工夫がいっぱいである。
また、ブリキの缶や針金の取っ手、ベニア板がかもし出すチープ感が中々イイ
どうしても、コレを作りたくて、ウズウズしていたが、、、
まずは、イメージスケッチ

ポイントは、
如何に安く、手間なく、無駄無くだ!
だいだいの材料はイメージ出来たが、炎の強さを空気量で調整する、スライド式のレバーが難しい、、、
さて、パーツを物色するが、、、
まずは、本体となる缶
イメージどおり、塗装缶が良さそうだ

うんうん、サイズはコレがバッチリ
炎の調整口は、イイ部品が見当たらないので、板金の蓋を作り、レールはアルミの形材を使用する。

金属板など、中空の薄物を止める仕掛けは
ブラインドリベットという優れものを今回初めて使ってみる。
何であっても新しい道具は、男の子にはたまらない^ ^
燃えた灰を落とし、空気の流れを阻害しないための、中底は、塗装缶のフタにたくさん穴を開けて、手でひん曲げて反らせてから、缶の中に押し込み、そのまま両手を突っ込んで、フタを元どおり、まっすぐに戻す。(汗)


(^^)/
中底は本体の底から数センチの位置で落ちない様に、缶の外側から4本のビスが打ってある。
さて、難関の空気口は、、、
アルミのカギ型の形材を缶の側面に合わせて、まあるく曲げて、カットし、上下にリベットで止めて、そこにスライドするフタを板金を切って曲げて作った。


いい感じ(^^)/
缶を、木製の台から浮かせて据え付ける金具は、お店を相当物色した結果、
4×4用のポスト金物を使用した。
木製デッキの端部に、4×4の柱などを止め付けるための金物だ。
メッキで、安くてちょうどイイ
さぁーーて
完成品がこちら

取っては元々付いている塗装缶の取っ手に、同じサイズの針金を曲げて伸ばし、
炎が少々上がっていても、安全に移動できる様にした。

災害時の非常ツールとしても
使えるかもしれない、、、と、いう理由をつけて
ただ単に「遊びではない「と
言い聞かせよう(^^)/
さぁーて、延焼テストか楽しみ~~(^^)/
追伸
コレを作るのに掛かった費用ですが・・・
手作りミニストーブ(非常用暖房)200*200*H320
内訳
トソウ4L 缶フタ付 1コ 478
デッキポストタイ  1コ 238
アルミレール    1m 245/10
亜鉛鉄板      200*100 228/5
針金#12     500g 278/20
タッピングビス   3*30程 適宜
ブラインドリベット 4mm 適宜
しめて合計     940円程度!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。