FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造材の加工など

14:26

土台に根太を掛ける為の、彫り込みを加工
丸鋸とノミで掘っても良いのだが、時間節約と思って、ルーターで加工した



まずは、治具(じぐ)と呼ばれる、定規を作った
シナ合板の切れっ端を(ルーターに合わせて)正確にU字型に抜き、当て木を留めて作る

①治具のセンターに印があり、加工する位置の印と合わせて、まず、木ねじで仮止めする
②ルーターをオンし、治具の内側に沿って、U字型に動かし、溝を掘る
③治具を外し、中央に残ったカケラをノミでポロッと、欠き取る・・・以上

「丸鋸とノミ」で作るより数段早い!
「丸鋸とノミ」だとまず、加工する材の彫り込むカ所全てに、彫り込む形を正確に印す必要があるが、「治具」を使うと、彫り込む位置の「芯」だけ印せば良いので、これだけでも作業が早いのです。
また、同じ治具を使い回すので、当然、同じ形に彫り込め、根太を加工する際もラクである。

ただし、便利な機械は・・・反面、危険な事も多々あって
この、ルーター作業
ルーターを手に持って、堅い木を深く掘るのは結構危険!!
しっかり持ってないと、弾かれるし、急いで掘るとルータビット(刃)が折れて、顔面に飛んでくることもあり得るんだよね
とても、他人や子供にやらせる作業ではない・・・
ボクも、一度端材で試してから「こういう手順ならまあ安全だろう」と心してかかった。

どうも、一人でこういうことやってると
「万一大ケガしたらどうやって人を呼ぼうか」とか
「動けないまま、だれも助けてくれず・・・そのままいっちゃったりして」
「まあ、それも好きなことやってんだから・・・本望かぁ」・・・とか考えちゃうんだよね(^^;)
海に潜る時と似ています

さて、無事に14カ所の彫り込みを完了し
RIMG0241.jpg
RIMG0244.jpg

この日は他に、柱材と梁の桁になる部分を加工
土台と柱はオリジナルで、30φの木ダボで繋ぐ予定だが、この日使った(日曜大工バージョンの)電動ドリルが非力で、土台はなんとか掘ったが、柱には穴が空かず、あきらめて、次回にする。
30mmのドリルビットは元が10mmの六角で、ボクが持ってる中では強力なインパクトドライバーには装着できないのだ・・・で、次回はインパクトに10mm六角を装着できるアダプターを購入する様に、メモった。

RIMG0246.jpg
RIMG0249.jpg

材料置き場が大分減った・・・次の材料を買わないと・・・
RIMG0247.jpg

作業途中で、一本だけ柱を立ててみたが、3mの柱を立てるだけでも(丸ダボの固定がピンみたいなモンだから)ぐらぐらして、けっこう大変!
まして、この日は西高東低でものすごい風!!

近々、建て方をしたいが、やはりこの日だけは手伝ってもらわないと厳しいかもね

スポンサーサイト


コメント

  1. 丸太小屋 | URL | MGnICAEA

    電動工具の利用

    いや~ お見事! あの「パチ! パチ!」は誰か見学者がいたのですか?

    前回の動画といいアナログ派の私にはとても勉強になります。

  2. takobo | URL | LLLtgwdo

    「パチ!パチ!」は「エフェクト効果」といって、ボクが使ってるMacの「BangMe!」というフリーの動画編集ソフトについている、簡単効果アニメーションです。
    他に、「シーン!」とか「ワーワー」とか色々あり、それを選んで、ワンクリックで動画に載っけるのです。
    凝ったことは出来ませんが結構面白いですよ・・・
    動画も携帯やデジカメで撮ってて、(ムービー機ではないので)画像の良いモノではありません。
    ご覧頂きありがとうございます(^^;)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。