--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の作業

23:45

役目を終了した<遣り方>を撤去
基礎回りの埋め戻し
基礎を掘った際の土の山などを整地

基礎パッキンをカットして仮敷き
パッキンは現在進行している現場の端材を頂きました。
施主のOさんスミマセン^^;

パッキンはこんな感じ




その後、前回仕入れた木材を再整理

前回、材木屋さんに入れてもらった際、木材全体を下からくるむ様に、ブルーシートで包んだのですが、コレが良くなくて、横から吹き込んだ雨が、シートに溜まって、材木がびしょ濡れ(-。-;
今回、置き換えたのですが、地面から高めにゲタを履かせて、材料を浮かし、かつ、ブルーシートは上部と側面だけとして、下は透かしました。

いやぁ、材料の置き方一つにも、ノウハウや経験が必要なんだなぁと、改めて思いました。




また、木材どうしをピタッと重ねると、濡れた際に乾かないので、一段ずつタル木を挟んで浮かせ、平面的にもくっつけず、少し空かせて置きました。

先に使うモノを手前に、後で使うモノは奥へ、は当然…

木材を、一本一本手で運ぶのは結構重労働で、また、材種によって同じ長さでも重さが違って、比重の違いが、まさに手に取るようにわかります。
人生、日々勉強ですね。

あっそうそう、作業をしていると、地域の区長さんとやらが現れ、「町内会費を頂きたい」と、丁寧におっしゃるので、詳しく聞くと…
消防団や街灯整備などに使われるとのことで、年間6600円だそうで…
悩んだけど、僕も周りに迷惑掛けるし、地域の事も好きだから、払うことにしました。

これでやっと<地域の異端児>から少しだけ、溶け込む第一歩と、なるか⁈

「土台を刻み始めよう」と意気込んで行ったが、今日は半日しか取れず、時間が全く足りませんね
スポンサーサイト


コメント

  1. 丸太小屋 | URL | -

    角のみありますけど・・・

    いよいよ刻みに入るんですね。

    ほぞ穴を掘るのに以前私が使った角のみが二台ありますけど必要ありませんか?

    よろしかったらお使い下さい。

  2. takobo | URL | -

    う〜ん魅力的なお言葉

    丸太小屋のマスター!
    お気遣いありがとうございます!

    一応、ほぞを掘らなくて済むように、土台と柱(柱と梁)は丸ダボにて繋いだり、横架材の繋ぎも、とてもシンプルな重ね継ぎ手なので、まずは、ノコとノミでやってみます。

    どうしても、角ノミに頼りたい時は、遠慮無くお借りしたいと思います。
    まずは、tryです!ありがとうございます(^^)/

  3. 丸太小屋 | URL | -

    へぇ~ 知らなかった

    私は古い人間、在来工法の知識しかないので縦組みには《ほぞ》、横継ぎは《腰掛けあり継ぎ》が最低限必要だと思っていました。  丸ダボや重ね継ぎで家が建てられるのならさぞかし楽でしょうねぇ。 もう建てることはないと思っていましたが希望がわいてきました。 ゲスト用の離れでも建てますか・・・(笑)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。