--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久留米へ

18:33

週末久留米へ飛んだ。
永く、そしてとてもお世話になった施主が亡くなり、お礼とお別れを申し上げに行った。
非常に残念である。

20数年前、私が20代後半で初めてお会いし、
まだまだ若造の私の目をまっすぐに見て、明確なご意見と、私のアイデアもひとつひとつ聞いていただいて、一つの建物を完成させた。私の大好きな建築の一つだし、大きな経験と大きな糧になりました。

16年前に、私が独立した後も、何かとお声を掛けて頂いた。
一昨年から、ご子息の住宅を手がけ、今年の春に完成したばかりである。

目下の人間に横柄な態度を取られる御仁は、よくお目に掛かるが、
この方は、立派な立場であるにもかかわらず、若い者や全ての人間に対等に接することが出来る。
すばらしい方だと思います。

「俺も年を重ねたら、こういう風に人と接するぞ!」と自分に言い聞かせたが、
いまだもって、全く及んでいない・・・

霊前に「ありがとうございました」と頭を下げたが、
一方的にたくさんの恩を頂いただけで、なんの、お礼も出来ていない自分に涙が出た・・・
「すみません、もっともっと頑張って、近づきたいと思います」
がんばります。見守ってください。
スポンサーサイト


コメント

  1. かほぱぱ | URL | dS2ULFy6

    素敵な関係

    素晴らしい関係ですね。
    私も営業職ですが、お客様に育てていただいていると実感します。

  2. marutagoya | URL | -

    心の大きな方と出会うと、いつしか知ら無い間に自分もそうなっている・・・

    大人(たいじん)のご冥福を・・・良いお話しです

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。