--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカの学校♪

17:17

メダカの群舞

メダカ1

ONさんの仕事場で少々立ち話をして「あれれ~」ってコレを覗かせてもらいました
大量のメダカです
でっかい水槽に、2~300匹はいるでしょう!

そして、これがその子供たち
メダカ2

見えます~?
写真をクリックして下さい
ちっちゃ~いんで、よぉ~く見ないとわかりません
老眼にはつらい大きさ
シーモンキーの生まれたてを思い出す様な、小ささ・・・
全長2mm??

目が二つあって、泳いでるんでメダカの子供とわかります。

これらは、ONさんが3年ほど前に子供さんと一緒に採取して、
30匹ぐらいから、だんだん増えて、現在に至るそうです

「たくさんになっちゃったから、取ったところに戻そうかな」って
自然回帰の為の、個人の”養殖”ですね~
ホント、真の優しさがにじみ出てるんですよね~ボクも見習おう!

スポンサーサイト


コメント

  1. thisboy | URL | -

    メダカの・・・・

    養殖ですかぁ・・・・。いやはや・・・。それも良いかもねぇ・・・・。子供の頃、我が家でも親がメダカ飼ってましたねぇ・・・。グッピーも飼ってました。

  2. takobo | URL | -

    thisboyさん

    実際に”養殖”をされているのではないですよ・・・
    ONさん(ボクのお客さん)が大事に増やしていらっしゃるから、ボクが”養殖”とコメントしただけです。

    難しいんですよ
    増やすの・・・

    一つの水槽の中でそのまま親が子を生んじゃうと、みんな食べられちゃうそうです。
    ですから、お腹の大きなメスを選って、孵化用の水槽に入れ、孵化した稚魚はさらに
    違う水槽に入れる・・・という手間なのです。

    一応、ご返事まで

  3. 河馬親爺 | URL | -

    故郷は今・・・

    メダカを飼うのがこんなに大変だとは知りませんでした

    メダカ君の故郷が汚染されずに未だ自然の儘で残っているとイイですねぇ~

  4. takobo | URL | -

    マスターへ

    なるほど

    採取した所に戻して、厳しい自然(あるいは掘り割りなど人工物)の中で淘汰され、強く生き抜く方がいいのか?
    はたまた

    この水槽の中の(人工的ではあるけれど)居心地の良く管理された、キレイな水の中で、”みんな”が生きていくのが良いのか・・・

    今度、よぉ~く観察しながら、メダカ君に聞いてみます!
    メダカ君、話が出来んかなぁ~

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。