--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎を剥いてみた

16:47

基礎型枠を一部バラしてみました



4月30日に手練りのコンクリート打ったヤツで
1ヶ月以上の放置(養生とも言う)

淡々と剥いているようですが、内心はドキドキだしとても楽しい!
昔、設計事務所の先輩Yが、新人のボクに
「田村ぁ、型枠バラスのはドキドキだよ」
「階段なんか、キレイに打てているか?・・・設計した段の寸法はそれで大丈夫だったのか?」
「ドキドキだし、責任重いよ~」って言ってたのを思い出しました

まあ、趣味の自分の小屋だから、大げさですが・・・

さて、まあまあでした
打った時に書きましたが、水が多いジャブコンだったので、少々心配でしたが
逆にコンクリートが緩い分、回りは良く、表面はキレイでした

剥いたすぐ後は、濡れているしちょっとマダラですが、乾くと
こんな感じで
RIMG0017_20120605184241.jpg

良いんじゃないですか・・・

上部の型枠を残しているのは、後でレベラーっていう「真っ平ら」にするための材料の定規とするためです
レベラーは値段が高いので、レベラーを使うか、一般のモルタルを練ってコテでキレイに埋めるかは
まだ、決めていません

後日、水糸をピンと張り直して、レベルを正確に、アンカーボルトに落として(書いて)
それを目印に、バッチリと完成させます
あぁ、楽しみ・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。