FC2ブログ


古紙リサイクル断熱材_1坪分12パック100円(笑)

17:02


電車の中で、ふと思いついた建築用断熱材を手作りした。

材料は、
IMG_8652.jpg
古紙とビニール袋
古紙はウチはたくさん出るので、0円!
ビニール袋は吟味して50cm×70cmの透明で0.03mm、10枚入りで68円!

道具は、
IMG_8649.jpg
電動シュレッダーのみ
これは、アマゾンのストレートカットのモノで、1台3980円!
実は昨日仕事帰りに、この構想が膨らみ過ぎて、ヨドバシアキバで各社物色して、結局買わず
その夜、アマゾンでポチって、本日届いたモノである。

通常、シュレッダーはシュレッドした紙が「どれだけ細かくなる(かさばらない)」かがミソのはずだが、、、
ボクの要望は、真逆で、
シュレッドした物が、どれだけ、膨らむか(笑)が第一のポイント!
お店ではクロスカットの高級機種を勧められたが、ボクは「あ〜あんまり、小さくカットしなくていいんです」って
言うと、お店の人は、苦笑い(汗)

こいつは、非常におざっぱに紙をカットし、それなりに強力、シンプル!
IMG_8651.jpg
IMG_8653.jpg

さーて
ウィーンウィーンとそれなりの音を立てて、かさばる、紙シュレッドをたくさん作る!

それを、30Lのビニール袋につめて、梱包用テープで封をする!
それだけ!

30Lのビニール袋を選んだ理由は、
規格サイズが50cm×70cmで、詰めて、封をすると
約40cm強×60cmとなり
IMG_8646.jpg
IMG_8647.jpg

建築の断熱材として使う予定なので、
間柱のピッチ@45cmにぴったりだと踏んだのだ!

さて、パックし終わり、重さを量ると
IMG_8648.jpg
約500g
逆算すると、コピー用紙がウチのは68g/平米で、A4換算すると
500/68=7.35平米
7.35/(0.21×0.297)=118枚
約120枚の古紙で、1パック完成し、12パック(ヨコ4コタテ3コ)で壁、1坪分である。

費用はビニール袋とテープのみで、12パック分でも100円はしない
一般に使われている、グラスウールのパックの品物が坪3000円なので
1/30である(笑)

ただし、こいつ、要望通り非常にかさばるので、現場に持って行くのが大変!
現場に古紙とシュレッダーを持ち込み、現場で作るのが良さそうだ(汗)

肝心要の断熱効果については、またレポートしますので乞うご期待!!
スポンサーサイト



最近の記事