--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1階の床

12:14

仕上げコン1

床暖房の配管の後、土間床のコンクリートを打設した
基礎の立ち上がりがブルーに見えるのは、基礎の外周側は断熱材を貼っているためである
ここは、書棚などを造作するので、このままスタイロフォームが見える状態なのだ

仕上げコン2

コンクリートの床はヒビ割れ防止の為、一定間隔にスリットが切ってある

さて、この床このままでも十分使えるのだが、
今回はポリッシュコンクリートといって、磨きをかけている

コンクリートの硬化具合を見ながら、専用の機械で磨く
磨き機械

番手を上げながら何度も何度も・・・

基礎廻りや角は機械では困難なので、手持ちの機械で磨く
小磨き

磨いた後

今回は1000番まで磨き
砂利など骨材の断面が平滑になっている・・・2〜3mm程削られているのだろう
磨きアップ

その後、専用の保護浸透材を塗る
試しに中央部だけ塗ると・・・濡れて、その部分のみツヤが出ている
浸透保護剤

以上の工程でコンクリートモノリシック仕上げ(ポリッシュコンクリート)完成!
小規模なので、施工単価はタイルを貼るのと大差ないが、「モノは試し」ということで・・・

IKEAなど大規模な商業施設の床でよく使われているが
広い範囲を施工する場合、単価も下がるし、仕上げが無い分構造上も軽く、メンテナンスも可能
飽きれば、仕上げたり、濡れば良い・・・潔(いさぎよ)い、イイ仕上げだと思う
1階床完成
スポンサーサイト

復活再始動

09:29

敬老の日、約2年ぶりに、保田の小屋作りを再開した!
大学生の息子が手伝ってくれた

まずは、草刈り…
その後、恐る恐るブルーシートを被せてあった材料を開き…
材料の無事を確認して

土台の再組み立て、スチール束立て

二人で南の3本の柱を立て、一時的に倒れないように、貫板を斜めに止めて仮止めし
脚立と仮の材料掛けを利用して、約3m上空の桁を掛ける…

それらの材料を金具で止めて固定し
再度、風雨で倒れないように、しっかりと貫板を止め直す!

また、南北に掛ける斜梁の加工…
やっと片付け
で今日は完了…約5時間の作業であった

久しぶりの力仕事なので、休み休みの作業で、中々進まないし、大汗をかいた

また、次回の段取りをイメージしつつ帰路についた
息子は、初めて「小屋作り」を手伝ってくれたが、やはり一人より二人だし、話し相手がいるのはとても嬉しい

彼はエンジン草刈機や丸ノコを初めて使ったが、草刈り機はけっこう楽しかった様だ

今日の様子
建て方途中
写真 2014-09-15 11 55 09

完了!…というか力尽きた
写真 2014-09-15 16 01 03



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。