FC2ブログ


バルコニー防水

16:48

バルコニー防水1
バルコニー防水2
ちっちゃく見えるなぁ
小っちゃいけど、、、(笑)
9尺×4尺5寸
スポンサーサイト

断熱材について

18:40

断熱材が施工された。こんな感じ・・・
断熱材2

一般に使われているグラスウールだが、これもまた昨今は多種多様である。
新しい製品は、薄くても高断熱で、チクチクしなくなった。
以前の物より細かい繊維になっているだけだと思うが、触っても、チクチクしなければ確かに、精神的な違和感は和らぐ。

ただ、古かろうが新しかろうがガラス繊維には変わりなく、布団の中の「綿(わた)」とは全然違うわけで、「こんなの使って良いの」って違和感を感じる方も多いだろう。(だって、壁の中とはいえ、針みたいなのがそこら中入っているとなると、とっても違和感があるのです)
要は、コスパの良い他に変わる物が無いのである・・・

床・壁・天井と、家中を取り囲むように貼るのだから、量が結構あるわけで、単価が坪3000円から6000円になると、この家で24万位コストアップとなる。
自分が直接着るのであれば、5万円のダウンを惜しまない考えもあるが、どうも、人間「壁に隠れてしまうから」と、ココに贅沢をしないのです。

僕も同様・・・

住んだ後に、寝てて”針のむしろに”コロがされて、うなされる夢を見ないように今から祈っています。

ただし、僕が寝るスペース(小屋裏のような部屋)は斜屋根が薄いこともあって、チクチクしない”高級品”を使っちゃてる・・・(^^;)
断熱材1

窓(サッシ)が付いた

19:35

サッシが運び込まれ、各所に付いた。
サッシ2

サッシは近頃は色々と断熱性に優れた物があるが、
自邸の製品はレギュラーなグレードのアルミ製にガラスだけはlow-Eのペアガラスを選択した。

サッシ枠の中間に樹脂を挟み高断熱と結露防止を歌っている高級なサッシは使わなかった。
僕のプロとしての持論だし、実感出来るからお話しするが・・・

室内環境・・・いわゆる居心地の違いは、部屋に面する大部分の「天井」と「壁」と「ガラス」の部分が大切であり、細い「窓枠」の部分がいくら高断熱でも、体感する居心地は変わらないからである。
ただし、結露がイヤでイヤでたまらない方は、断熱枠を使う意味はあるでしょう。
それと、断熱枠が製品化されてまだ、10年程度と思うが、樹脂が20年,30年持つと、私には思えないのだ・・・

キッチンの窓はついつい出窓を選んでしまった。
サッシ3

「日本の台所前は出窓」という古くからの先入観があるが、、、
僕はお客さんの前では、余りお勧めしていない。
それでなくとも、キレイに出来ない台所の前に、ボールや鍋釜、水切りカゴ、スポンジ、洗剤、、、などなどがズラッと並び、とても「キレイなキッチンね!」とは呼べないからだ。

だけど、女房と話をしたり、僕もけっこう料理は好きだから、自分の行動を考えると、「狭い台所にはとても便利!」なのである・・・
と、いう理由でついつい自邸には付けてしまったのだ・・・
「それはかっこ悪いですよ」って何度もお話ししたオーナーさんゴメンナサイ!

この出窓、なかなか良くできていて、台はぺらぺらだが一応ステンレスで、3方の枠も専用のアルミ製が用意されていて、清掃性もイイ・・・まあ、デザインは仕方がない(^^;)



最近の記事