--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この~木なんの木♪気になる木~♪

22:55

みんなが集まる木ですから♪
みんなが集まる~木に~ぃなりました~♪♪♪



ありましたぁ~日立のあの樹
ハワイじゃなく、日本に…それも
明治神宮に!

最近、歳をとったのか、やたら大きな木とか、なんか(文字通り)きになるんですよ

週末、女房と青山と表参道ぶらついて、その足でボクはひとりで明治神宮へ、ちなみに女房は、ひとりで原宿ぶらぶら…

で、出会ったわけです
(しつこいけど)日立の樹に!
何度か来てるけど、前回はこんな感動しなかった

めっちゃでかいですよ
こういう、言葉使いしちゃだめですけど…境内のど真ん中ですから…

マジでかいですよ

側にいる人間の大きさで計ると…
樹高20m以上、巾20m以上\(^o^)/
30mくらいあるか!?

なんかいい感じ
ココの森って、100年前はなにもない未開の地で、人が一本一本植えた木らしいですよ…すばらしい

僕はついつい、お賽銭箱の前じゃなくで、こっちにアタマ下げちゃう
がんばれ、でかい樹!!
スポンサーサイト

職人技

19:59

これなんでしょう?

写真 12-04-24 11 37 47

梱包してあるんで、わかんないのは当たり前ですが・・・
梱包を解いて、組み立てると

写真 12-04-24 11 40 28

こんなかんじで・・・
これでも、わかんないのはフツー

伊藤木工という木建屋(もくたてや:製作の戸を作り施工する業種、職人を言う)の作です
聞くと、近所の豆腐屋に頼まれたそうで
”湯葉”を作る際、湯桶に浮かべて使う専用の、木枠だそうです

想像すると・・・豆乳?を四角い桶で暖め、湯葉を浮かす際に、この4つの四角いプールに
ほどよいサイズの湯葉が出来るのでしょうか?
見てみたいモノです

何を言いたいかというと
たかだか木枠と、お思いでしょうが、これはスバラシイ出来映えで
まさに”職人技”です

詳しく聞くと、湯に何度も漬けても、腐りにくく、ニオイが付かず
また、洗った際毛羽立ちにくい、木材を厳選したとのこと

また、その正確な寸法、組み立ての際のぐらつきのなさ・・・スッとはいる気持ちよさ
こういう仕事がホンモノの職人の仕事です

「いくらで売るの?」って聞いたら
「う~ん、どうしよう・・・」って、ココも職人らしい
良い物を見せてもらいました

秀逸な造作

19:43

<ビレバン>って知ってますよね
ビレッジバンガードってお店
ここんとこ、いろんなショッピングモールには必ず入ってますよね
ウチの近くでは、葛西にポツっとあって、たまに行くんですが・・・

建築の役にたつんですよ

どこのお店もこんな造作の棚があります

写真 12-04-15 13 29 20 (1)

これは、なかなか秀逸で
コレを見習うべき部分が多いとボクは思います

フレームはSPFのツーバイ材で、背板は針葉樹合板、棚がL型をしていて、これもツーバイ材
棚受金物は(これは調べたんだけど)スチール製のA型ダボってヤツで、ホワイト

店内の売り物も物色しているんだけど
この日は、コレをまねして作りたい物件があって、そのために(アイデアを)盗みに来たようなモノ

写真 12-04-15 13 24 12

写真 12-04-15 13 24 36

写真 12-04-15 13 25 41

L型の棚をフツーに水平に掛けるか、ダボ一個分わざとずらして、斜め上を向く様に掛けたり
はたまた、どういう仕掛けか、棚が飛び出るように掛けてあったり

ボクは興味津々で、眺めて廻り、さわって廻り、コソッと写メを撮ってんだから
これは、相当怪しい客にうつるはずです
こういう事を、(仕事柄)いろんな店でやってしまいますが、まだ捕まったことはありませし
かならず、本を一冊買って帰るように心がけています

基礎工事

18:42

写真 12-05-12 16 00 17

ようやく基礎本体の造作を開始
まずは、8個の基礎の内、2個を作った

まずは、"遣り方"のレベルの再確認・・・
去年の暮れに作った遣り方だったので、風雨にさらされて、少々ズレがあると考えてのことです

水平をビニールの水管(水盛り)で見直すと、やはり、部分的には1,2cm程のズレがありました
マーキングして、再度、遣り方のヨコ板を打ち直しました
水糸の間隔や矩形の確認ももちろん行なった

水糸をピンと貼り直して、全8個の基礎ベースの高さと水糸との距離を計り、直接ベースにマジックで書く
その距離は590~615mmでした・・・まあまあの精度で一安心(^^)

(買い置きしてた)ボイド管と呼ぶ、強化紙製の筒(300φ)を用意して
それぞれのベース高さに合わせてノコギリでカット
基礎の高さは設計では400でいいかなって思ってたんだけど
草がそーとー生えてきたし、ボイド管は買ったヤツが2mあるんで、無駄なく使うために500に変更した

今回は4個のボイド管を切り出す、サイズはちなみに495が2個、490が1個、500が1個

あ、そうそう
写真では見えませんが、基礎ベースに刺していた鉄筋を利用して、ささやかながら
ボイド基礎にも配筋がしてあります(次回詳しく)

さて、ここんとこ気持ちよく思うようになった作業の"コンクリート練り"をニヤニヤしながら始め
計算上で約80Lのコンクリートを作り、初めて、ボイド管に打ち込む

どぼどぼどぼどぼ と
スコップで一杯ずつ入れるのが、埒があかないことが判明し
バケツに生コンをスコップで満たして、バケツで打ち込む

ほんと、ぴったしかんかんで2つのボイド管が満たされた
ちょっと水が多すぎていわゆる"じゃぶコン"だが・・・まあよかろう
また、一週間以上ほったらかしだから、いい養生と考えよう・・・

写真 12-05-12 15 33 13

写真 12-05-12 15 32 59

縁いっぱいまではきてないけど、高さは揃えてあるからいいでしょう
次回以降、この高さに合わせて打ち込むのが大切・・・
もちろん、土台と強固に連結する、アンカーボルトもぬかりなく設置

さあ、このボイド管の型枠をバラすのが、とても楽しみです

最後に梅とネギの様子・・・
写真 12-05-12 15 57 51

写真 12-05-12 15 33 58

梅は綺麗には撮りましたが、実際は今年は不作の様(-.-)
ネギは、この時期ネギ坊主をカットするのは知ってたんだけど、近所の農家を観察すると
なんか、結構根際まで綺麗にカットされてたんで、僕も真似をして、カットしまくりました・・・
これでいいのかはわからない(-.-)

久しぶりの南下

14:59

なんだかんだ忙しく、だいぶ空きましたゴメンなさい

GWの30日、久しぶりに南下
電車での南下
多分、草ボーボーだろうと、冷や汗を感じながら現地入り・・・
思った通りの草ボーボー(^^;)
まず、畑のニンニクとラッキョが周囲の雑草で見えません(^^;)
なんとか分け入る様に、彼らの無事を確認し、周囲の草と、彼らにからんでいる草を抜きます

ニンニクはやはり強く、雑草に負けていませんが、ラッキョは少々弱った様子・・・
結構時間を掛けて、土も寄せ、畑を復活させました
こんな感じ・・・
写真 12-04-30 16 08 15

ニンニクは去年よりでっかくて、ちょっと楽しみ

お昼頃、いつものコンビニに向かうと・・・
なにか、人の気配がせず・・・変だなぁって覗くと・・・
マジ~って感じで・・・なんとつぶれてる(>_<)
写真 12-04-30 12 22 37

キビシイっすね~
3月末をもって閉店との張り紙

保田で唯一のコンビニがつぶれ、途方に暮れる・・・

とぼとぼと、名ばかりの保田駅の商店街に向かう・・・

観察しながらココを歩くのは初めてかも
駅前の食堂、案内所、薬局、寿司屋などがやってることはやってんだけど
なんともひなびてて、入る気がしない

ついに、決心し<弁当あります>との張り紙に惹かれ、パン屋に入るも弁当は品切れ(^^;)
店のおばちゃんは気を遣い、弁当が何かできないか、奧に入って掛け合ってたけど、ムリとのことで
しょうがないから、おにぎりとお茶を買い、店を出て
またぶらぶらすると

裏通りに中華屋を発見・・・ここかぁ!?と入ると

またまた、絵に描いたような田舎の土間床の中華屋で、先客は一人・・・
(どう見ても80才を超える)おばあちゃんが「見慣れない人だなぁ」って対応で「なんにします?」って

値札を眺めビールと餃子を注文し・・・時間もかかるんだけど、なぜか落ち着いて、イイ感じでした
味もまあまあかな・・・

さて、みんべつに戻り
畑は一段落したので、例の小屋作りの再開

8つの基礎の内、もう二つ残ってヤツを、コンクリートを(久々に)練って打ち込む・・・
腰にくるので、ボチボチと・・・
まあ、これも何度かやってるので、要領を掴んでいて、なかなか楽しい
写真 12-04-30 16 08 05

これで、去年の暮れに始めた小屋作りの、基礎のベースがやっと完了!
完成までに何年掛かるのやら・・・

今後、草は更にはびこり、畑や梅も観察したいし、小屋も・・・
もうちょっと来ようかな・・・楽しいし

最後にすぐそばの内房線の線路の様子です・・・のどかなモンです
写真 12-04-30 13 14 34

線路の向こうが保田駅です



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。