FC2ブログ


仕事帰りに帰郷

20:36

23日、2時間ほどの睡眠で朝4時に起き
一之江にゴロゴロと荷物を転がす
5時15分のリムジンで羽田へ
6時25分の(いつもの)スカイマークで福岡へ飛ぶ
現場のS所長が、迎えに来ていただき、その車で久留米へ・・・

このところ月1回の遠征です・・・頑張ってます

さて、このサイトはオフのサイトですから
その後の事を・・・
仕事を終え、当日の夕方の新幹線で久留米から徳山へ
駅前で親父が手配してくれたタクシーを探すがいない・・・んっと思っていると
軽トラからクラクション

いつものHさんだ!
なんとHさんはオフだったので、自家用の軽トラで迎えに来たとのこと
-----
このHさん、某大手タクシー会社の運転手さんですが
数年前ひょんなことから親父と知り合い、気が合い、体の弱った親父の大切な運転手さんとなっているわけです
親父が「頼むよ」と携帯へ電話すれば、Hさんか、Hさんが行けない場合、他の方を手配してくれるのです

Hさんは70才ですが、背が高く強くとても元気で、介護の資格も持ってらして
なにせやさしい人!運賃を遙かに超えたサービスをしてくれます
ですから、父もホント信頼して、今回入院した際も、Hさんが家まで入って入院グッズを持ってきてもらう始末
「そこまで、いいのかな~」と私は思いますが
Hさんもまったくイヤな顔をせず、やってくれますし、父もそれに応える

まったくの赤の他人から始まっているのですが、今は、強い縁を感じます
-----
さて、話は戻り、その軽トラ白タクで医師会病院へ
80才の父は、数年前、脳梗塞で数ヶ月入院しましたが、リハビリで復活し、まあ元気に生活していましたが
今回は4月19日に腰が立たなくなり、また入院
ただ、大きな問題は無く、5月の退院を目指して、加療とリハビリを行っています

まあ、元気でした
リハビリの様子も午前、午後見ましたが、入院前より良い感じで歩いているし、足腰のパワーもリハビリのお陰で戻った様子
数ヶ月前に、デイサービスなどで麻雀ばかりやって、体を動かさない父に「訪問リハビリかなんかやってもらえば」って言ったばっかりでした
やはり、年寄りは寒い時期は外に出たがらないし、ましてや、体が不自由で、本人の不安がありますから、ますます歩きません
そう言うことが続き、どんどん足腰が弱ってきたわけですネ

だから、今回の入院は本人もそう言いますが”良い機会”でした
毎日、リハビリをすると80才の老人でも、足腰に力がよみがえり、復活します!!
まあ、よかった!!

父もまたまた、自宅で暮らす意気込みがふくらみ
「家で出来るリハビリのレシピを作ってもらった」とか
「デーの麻雀はほどほどにして、自転車をこぐか」とか
前向きな発言をしております
まあ、よかった!!!

さて、24日後ろ髪を引かれながら、16時18分のこだまに乗り、広島で乗り換え、17時発ののぞみ132号で東京へ・・・
広島で「そうだそうそう」と、すぐに席にはつかず、デッキの窓から携帯のムービーを撮って
さっきYouTubeへアップ

なんの動画かと申しますと
もう一つ”後ろ髪を大きく引かれた”カープの戦いの場、そう「新広島市民球場(マツダZoomZoomスタジアム)」で~す
「また、来るからな」と、父とズムスタにお別れし
父の無事退院とカープの勝利を願い、ささやかな乾杯!
スポンサーサイト



最近の記事