FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑など

20:28

データによると、鋸南町は12月23日から1mmも雨が降っていません
約1ヶ月となります

成長期ではない冬といえども、これはやばい!
ほとんど水をやるためだけに行ってきました

先日8日に暗闇の中、ちょろちょろと水をやった以来、2週間ぶりの畑ですが・・・
手前からキャベツ、ニンニク、ダイコンがコレで
Photo 1月 24, 10 40 23
小ネギがコレ
Photo 1月 24, 10 40 07

で、なんとか大丈夫そう
やっぱ、畑はスゴイ!
夜露を糧にしているのでしょうか?
少々黄色い葉も見えますが、大きな問題はありません

よかったーー

今回は十分な水やりの他、多量な「たき木」運び込んだり、先日剪定した枝葉を燃やしたり・・・室内のストーブの調子見たり・・・
してきました
「たき木」は現在、木造の現場が3棟で、大工さんに廃材を沢山もらってたんで、車の中に山積みにしてたんです
これで当分は薪に困りません

この日も二カ所で焚き火して・・・上着を脱ぐほど暖まりました
スポンサーサイト

カワハギ料理

19:47

日曜日の午後に「さあて」と腰を上げ、17匹のカワハギを捌きます
一匹一匹丁寧に・・・

背の角(カワハギは「つの」があります)の後ろに包丁を入れ、頭をもぐように、内蔵ごと引きちぎります
っていうか、頭をもぐと内蔵がきれいについてきます
でかいヤツはニヤニヤするような大きな「キモ」がついてきます
それから皮を剥ぎ、ホントきれいな透明なむき身に生まれ変わります

キモは大切に取り、綺麗に洗い、ナベの水にポトンと落とし、軽く湯がいて、冷水にとります
17匹!全てのキモを大切に取りました

おおぶりの6枚は刺身に!他の11枚は6枚と5枚に分けて、今日の煮付けと明日用に冷蔵庫へ

刺身は3枚におろしてから、腹骨と中骨を取り「サク」にして
白い薄皮を剥ぐのですが・・・これがやっかい!!!

しっぽ側から、薄皮を指で押さえて、包丁を身との間に入れ、
ゆっくりと、すき取るのですが、皮が非常に薄く、途中で切れてしまいます・・・ううーーん
スーーっとはいかない!
女房にも手伝ってもらい、なんとか取るのですが・・・っま、ホントは薄皮取らないで刺身に引く時に、上手に避ける方も多いと聞きますが・・・

なんとかサク取りした身を、食べる直前に、出来るだけ薄く引き、刺身に!
「フグ」でいう「てっさ」ですねカワハギだから「ハゲさし」またはフツーに「カワハギの薄造り」

他の身はこの日は6匹を、煮付けに!
これは、いつもメバルやカサゴを煮ているので、まあ慣れたモノです

例の「キモ」はそのまま食べても良いように、小鉢へ
さて、こんな感じ・・・

Photo 1月 11, 19 12 11

プロじゃないから綺麗ではないけど、味はさいこー
キモはハンパなく<旨い!>刺身に乗せて食ったり、キモをといた醤油に刺身をつけてもいいし
キモだけチョンとポン酢に付けても<さいこー>
子供にはゼイタクー!!!

カワハギ釣り

10:50

8日に友人のTokuさんを誘って久々のカワハギ釣りに行ってきました
館山の船形港のくろしお丸さんへ
保田の家を借りてから、勝山やここの船宿に行きたくてずっと計画していました

9時に出発、早々11時過ぎには港に着き、はやる心を抑えます
この季節には珍しく、海は本当にフラットな凪で、とてもラッキー
っていうか、ここのところ毎日天気図を見ながらタイミングを計っていて、思惑通りで・・・

午後船という、お寝坊さんには、楽な船で
13時に出港、17時すぎに帰港
釣果は・・・
110108.jpg

計17匹、型もまあまあで、大きいやつが24cmくらい!
船長は動画によく現われる有名人で、ビギナーの私たちに、気の利いた助言をしてくれました

前半はなかなか掛からず、少々焦っておりましたが
後半、やっとイメージがつかめ・・・
オモリで底を4,5回たたき(といっても40m程度の深場ですからゆっくりですが)
その後たるませたり、張ったりの繰り返しであたりがある感じ
引きは強く、上げる途中でもカワハギ独特の「カンカンカン」という引きを楽しめて
とても楽しい釣り物ですね

この日は船長も騒いでいた通り、ホント絶好調で、周りの常連は37匹がトップですから・・・
カワハギはやはり、難しい・・・
110108 003

帰宅は20時になりましたから今日9日捌きます・・・楽しみ!
帰りに真っ暗の「みんべつ」に寄り、大根を4本抜いて
他の畑にも井戸水をたっぷり撒いてきました・・・年末からぜんぜん雨が降っていませんから・・・



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。