--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手火鉢

10:32

先日の酷寒の氷上ワカサギ釣りの救世主
ミニ火鉢

多分、地元の工場の手作りだと思うが、中々よく出来ていて、転ばない様、氷が溶けない様、長持ちする様、、、などなど、工夫がいっぱいである。
また、ブリキの缶や針金の取っ手、ベニア板がかもし出すチープ感が中々イイ
どうしても、コレを作りたくて、ウズウズしていたが、、、
まずは、イメージスケッチ

ポイントは、
如何に安く、手間なく、無駄無くだ!
だいだいの材料はイメージ出来たが、炎の強さを空気量で調整する、スライド式のレバーが難しい、、、
さて、パーツを物色するが、、、
まずは、本体となる缶
イメージどおり、塗装缶が良さそうだ

うんうん、サイズはコレがバッチリ
炎の調整口は、イイ部品が見当たらないので、板金の蓋を作り、レールはアルミの形材を使用する。

金属板など、中空の薄物を止める仕掛けは
ブラインドリベットという優れものを今回初めて使ってみる。
何であっても新しい道具は、男の子にはたまらない^ ^
燃えた灰を落とし、空気の流れを阻害しないための、中底は、塗装缶のフタにたくさん穴を開けて、手でひん曲げて反らせてから、缶の中に押し込み、そのまま両手を突っ込んで、フタを元どおり、まっすぐに戻す。(汗)


(^^)/
中底は本体の底から数センチの位置で落ちない様に、缶の外側から4本のビスが打ってある。
さて、難関の空気口は、、、
アルミのカギ型の形材を缶の側面に合わせて、まあるく曲げて、カットし、上下にリベットで止めて、そこにスライドするフタを板金を切って曲げて作った。


いい感じ(^^)/
缶を、木製の台から浮かせて据え付ける金具は、お店を相当物色した結果、
4×4用のポスト金物を使用した。
木製デッキの端部に、4×4の柱などを止め付けるための金物だ。
メッキで、安くてちょうどイイ
さぁーーて
完成品がこちら

取っては元々付いている塗装缶の取っ手に、同じサイズの針金を曲げて伸ばし、
炎が少々上がっていても、安全に移動できる様にした。

災害時の非常ツールとしても
使えるかもしれない、、、と、いう理由をつけて
ただ単に「遊びではない「と
言い聞かせよう(^^)/
さぁーて、延焼テストか楽しみ~~(^^)/

追伸
コレを作るのに掛かった費用ですが・・・
手作りミニストーブ(非常用暖房)200*200*H320
内訳
トソウ4L 缶フタ付 1コ 478
デッキポストタイ  1コ 238
アルミレール    1m 245/10
亜鉛鉄板      200*100 228/5
針金#12     500g 278/20
タッピングビス   3*30程 適宜
ブラインドリベット 4mm 適宜
しめて合計     940円程度!
スポンサーサイト

今の若いもんは、、、最高!!

18:35

IMG_2471.jpg

週末、友人と氷上ワカサギ釣りへ行った。

釣りは中々上手くいかず、苦笑いの連続であったが、
ほどよい、出会いと、気持ちのよさがあったので、、、一編

土曜の群馬、榛名湖はここでは暖かい方だそうで、でも、マイナス4〜5℃
ワカサギ釣りそのものは、ほぼ初めての体験で、非常に楽しくいい経験となったが

なにせ、釣れない(^^;
ほんまに釣れない(^^;(^^;

IMG_2463.jpg

僕みたいにせっかちなヤツは、ちょっと釣れないと、すぐ移動し氷に新しい穴を開ける(笑)
しばらくやるが、、、
魚信が無いと、また、移動し穴を開ける(笑)

初めてなのに、僕より釣っている友人や、さらに釣っているベテランをよくよく観察すると
どうも、この釣りは、忍耐が大切な様である。
「(俺には)向かないんだろうな〜」と嘆き

周りばかり見ていると
たまたま、若い男性3人組が、側に来て、穴を開けられずに困っていた
僕らは朝、お店で、<穴開けドリル>を借りていたが、「貸し借りは禁止」との言いつけで
どうしようかと思っていたが

なんだか良さそうな奴らなんで、ついつい、口に出る
「俺の穴だけど、開けてくれる?」って、言うと
「いいすよ」「いいすよ」と、彼らの穴開けが始まり、

僕はニヤニヤ眺めて、穴が開くと、一応糸を垂らすが、さっきの話で魚信は無いので、
「もういいや、この穴空いたよ」と言い、彼らに明け渡す。
「やったぁ」と素直に喜び、釣りを始める。

そのうち、僕も釣れなくてつまんないんで、「代わりに釣ってくれる?」と竿まで明け渡す(^^;
(そうすると、彼らは釣るんだよね〜)

その様な事を繰り返し、少しづつ話をしていると
3人組は群馬の高校時代の友人で、一人は大学へ、二人は就職し、それぞれ頑張っている様で、
久しぶりに遊びに来たとのこと・・・
19才とのこと(^^;

親友同志、若者らしく、冗談を言い合いながら、とても楽しそうにするのだ。
たいした防寒をして居ないのに、元気に、笑い合っている。
素直な気持ちや、会えた喜び、どんなことでも楽しむココロなどなど
輝いている。

その姿を見るだけで、僕も始終ニヤニヤして、
周囲のすばらしい自然と相まって
とても清々しい気持ちになった。
ワカサギは難しかったが、今日一番の収穫だった。

IMG_2466.jpg

いくつになっても、あの頃の気持ちを忘れないで、
友達も大切にしたいなぁとも想った。

近頃の若いもんは、、、いいね!!!
おれも負けないぞ〜〜(笑)

漁(シッタカと・・・)

23:29

鋸南産天然尻高(シッタカ)貝!

IMG_1172.jpg

うまいですよ〜
今年もコレを目当てに南下し、いつものヒミツの場所で採取!
一応シュノーケルを付けてますが、この日は大潮の干潮で、潜らなくても海に浮いて、手の届く範囲で採れちゃいます

ちょっと今年は遅かったので私より先に採られちゃってるのか・・・大きいヤツが少ない
出来るだけ岩に付いてるヤツでは無く、海草(カジメ)に付いているヤツを採ります
誰か漁師さんのHPに載ってたんだけど、「シッタカは食べている物によって味が違う」とのこと
食べ比べると、確かに海草に付いているヤツの方が、磯の香りと味わいがあり、ボクは好きです

この日は、少々波があり探しにくかったのですが、コイツも3つゲット!

IMG_1171.jpg
内緒です・・・

シッタカは現地の海水ごと持って帰って、その海水を濾した水で茹でるのみ・・・
旨いです・・・やはり日本酒に合う・・・禁酒中のマスターゴメンナサイ!!

シッタカと雲丹

19:15

写真 11-07-25 19 03 29
シッタカと雲丹です・・・シュノーケリングで採取
雲丹は調べてみると”ムラサキウニ”の様

保田の”みんべつ”の話を色々書いていますが、保田の海はホント宝の山ですネ
シッタカとムラサキウニがびっしり!
特にムラサキウニは所によっては(大げさではなく)足の踏み場がないくらいいます!

以前、子供が小さい頃、外房守谷の海岸によく行って、シッタカを取って、バケツに入れ
民宿の縁に置いて、子供とよく眺めてから、その後塩ゆでにしてもらって食べてました
また、”海の家”でもよく食べましたネ、冷たいビールに合うのです

あれから10年近く経って、またまた、シッタカ漁が出来るとは・・・嬉しい限り
まして、雲丹が沢山いますから、テンションも上がります

気を静めて、海の神様(漁師さん?)に怒られないように、雲丹は次回に致します

BBQ

19:30

11月6日
保田でついにBBQを開催

まず前日午後、仕事もそっちのけで、準備の買い出し!
「河内屋」で瓶ビール1ケースと3Lの赤ワイン、その他酒類と紙コップなど
「はなまさ」で肉や野菜、調味料類・・・肉は安い牛の「かたまり」で

朝、千葉の市場から牡蠣とサザエが届くことになっているのですが
宅急便が待ちきれずに、局留めにしてもらって、保田へ行く途中で荷物も拾うことに・・・
さらに、浦安の魚市場により、新鮮なアジを求め

発砲スチロールをニヤニヤしながら乗せて、やっと向かいます
道路も空いていて、現地近辺に早く着いたので、「スーパーほとだ」に寄り
近海鮮魚を物色・・・太刀魚が旬で旨そうで求め・・・やっと現地へ

天気も良く、寒くもなくBBQ日和です

ボクは会場設営と火おこし!
SとHが用意していた薪となる倒木をノコで適度な大きさにカットしますが・・・
倒木をねぐらとした「蜂?」に遭遇し少々中断しましたが、これも楽し・・・(のちにでかいアブと判明)

炉の炎も安定し、腹も減ったので2時ころからスタート
メニューは・・・
1)三陸の大牡蠣焼き
2)サザエの壺焼き
3)ソーセージ焼き
4)牛肉のかたまりの塩こしょう塗りつけ丸焼き(ナイフで削りながら食す)
5)畑のサツマイモホイル焼き
6)アジの塩焼き
7)ニンニクの丸焼き

その後、U夫婦が合流し、持ってきたくれた
8)鶏手羽の付け焼き 等

R0049183.jpg

R0049184.jpg

R0049192.jpg

ビールはプラスチックの大タルに水と氷を入れ、その中に瓶ごとぶち込んで冷やします

他に予定していた
9)アジのなめろう
10)太刀魚の塩焼き
11)コメの炊飯

は手を付けられず・・・断念しましたが、
暗くなっても、ベランダに投光器を縛り、何時とも無く続きます

R0049201.jpg

旨い!愉快!仲間は良いモノです
カマキリも興味深げに来訪・・・今回の撮影はHでした

R0049204.jpg

夜、真っ暗な海に出て
Hが用意したエギをぶん投げますが、何も掛からず

例の仕掛けも二つ下ろしといて・・・

翌朝、帰り際に仕掛けを上げると・・・
一つの方は、ゴンズイの大漁に閉口・・・もう一つの方は・・・

ちゅっちゃな甲イカが泳いでいて、みんなで笑います
同じ堤防で釣りをしていた見知らぬ子供に、「ほらほらイカだよ」って見せて、バケツ持ってきてもらって
ポチャンって入れてあげました
「ありがと」って言ってくれた・・・よかった

BBQ用の炉

19:42

まずは昨日の畑の様子
3週前に撒いたダイコンの種とニンニクは十分な空の恵み(雨)によって、芽が出そろって


IMG_0200.jpg

サツマイモの葉は、ものすごいことに・・・

サツマイモはツルが伸びた場合「ツルがえし」とか言って、葉の茂ったツルを元の畑の方に返し
元々の根に大きな実がなるようにするのですが・・・
ココでは必要なし・・・なんでかというと、畑の周囲は草ボーボーで、伸びたツルの根は地面に到達せず、ちょびヒゲのように、根が宙に浮いています
これは自然農法(ほったらかし農法)の恩恵かも!!

IMG_0202.jpg

ダイコンは7×8の56本、ニンニクもほぼ同数(うまくいけば)出来る予定・・・非常に楽しみ
正確にはニンニクの芽は少々まばらで、2本出ているところもあるので、そいつを旨く分けて、芽の出ていないエリアに移植しようと思います(そのうち・・・)

それから、今日のメインは「炉」作り
BBQ用の炉です
11月6日に設計仲間でBBQパーティを予定していて、その準備の一環
1コ100円のコンクリートブロックを買って、東京から積んで来ています

自宅でイメージした絵の通り、大小ブロックを積み、こんな簡易な炉を作りました

IMG_0201.jpg

上面が約巾60cm、奥行80cmあって、60cm×40cm程度の「焼き網」と「鉄板」をそれぞれ前後に置けるようにしました

鉄板が奥で、そちらは「薪」で・・・手前は「炭」のイメージで、「炭」の方は炉の底を上げてあります
今後
1)積んだブロックが倒れないように、鉄筋棒などを左右に渡したり・・・
2)底の高さを調整できるようにレンガを少々追加したり
3)周囲の足場を良くしたり
4)革手袋も要るな とか
5)薪を乾かして置いた方が良いな とか

なんか、やればやるほど、ニヤニヤする様な、やりたいことがあふれてきますね~

お騒がせした井戸のポンプは・・・なんと、復活しました
スイッチを入れると回ります・・・温度センサーが付いているようなので、先日はスイッチが切れず高温になり
センサーが作動したのでしょう
今日は、取り替えた時と同じように快調に回ります

ただ、また止まらない可能性があるので、当面は使う時のみスイッチを入れて、優しく使うようにします
やれやれ(^^;)



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。